クリンカフリーカップ(リトルミイ)MMG26002

FG icon

3 items left

クリンカはガラスの粉末を高温で溶着する技法です。
光があたるとキラキラと輝くことから、1970~80年代には照明器具のランプシェードへの加工方法として使われることが一般的でした。
その後、加工技術としては忘れられたものになりましたが、2000年代初めにタンブラーなどにクリンカを施すことが、ちょっとしたブームになりました。
細かな表現には向かない技法ですが、それが逆にクリンカ独特の暖かみとレトロなイメージを感じさせます。

手にした時の凹凸感もクリンカならではのものです。

グラスの生地は飲み物だけでなく、デザートなど多用途に使えるボデガ(Bormioli Rocco)を選びました。
「ずっと昔からそこにあったような・・」ムーミン・クリンカ・グラスです。

【ガラス製品お取り扱い上のご注意】
下記のご使用はお避け下さい。
■漂白剤・金属たわし・クレンザー
■電子レンジ・オーブン・直火
■食器洗い機・食器乾燥機
■急激な温度変化
■グラスの積み重ね

★洗浄の際はスポンジ等の柔らかい物をご使用になり、中性洗剤などで洗ってください。
★耐熱ガラスではありません。熱湯を注ぐなど急激な温度変化を避けてお使いください。破損することがあります。
★落としたり、強い衝撃を加えたりすると破損する場合がありますのでお取り扱いにご注意ください。
★手作業によるプリントのため、絵柄に若干の歪み、カスレやズレが生じますが、プリント技法の味わいとしてご理解ください。
★口部に溶けたガラスがかたまり、ふくらみができていることがあります。
これは口部をカットする際にできるもので、ヨーロッパでは良品として出荷されます。ご理解の上ご使用ください。

【素材】ソーダガラス
【サイズ】約φ8.2×H5.9cm
【容量】225ml
【生産国】素地:スペイン 最終加工:日本
【発売元】有限会社タカサカインターナショナルジャパン
【特記事項】
※画像はサンプルです。仕様変更がある場合がございます。
※商品の色や質感を出来るだけ忠実に再現するよう心掛けていますが、画面上の色はブラウザや設定により実物と若干異なる場合がございます。

Search